活かさないなんてもったいない!リケジョの力

理工系に進む女子の現状 

OECD生徒の学習到達度調査PISA2022によると、日本は数学・科学で1位と世界トップレベルであり、その前の2018年の男女別のデータからも女子は男子同様に世界トップレベルであることが分かっています

一方で、大学進学した女子の理工系進学率は、25年間変わらず10%*を推移しています。そのため、理工系の中での女子の割合も、OECD38か国の中で最下位です。
 

日本のジェンダーギャップが解消された場合のGDP増加率は15-20%**。 


世界トップレベルの日本の女子が、理工系を選んでいないという状況は、日本経済にとって大きな機会損失だと、AWESOMEは考えています。 


*: 参照:平成10年~令和4度学校基本調査より 
**: 第3回「女性と経済」に関する勉強会「女性活躍とマクロ経済」 

リケジョのリアル①

日本は数学・科学で1位と世界トップレベルであり、その前の2018年の男女別のデータからも女子は男子同様に世界トップレベル

リケジョのリアル②

大学進学した女子の理工系進学率は、25年間変わらず10%を推移

リケジョのリアル③

 理工系の中での女子の割合も、OECD38か国の中で最下位。世界トップレベルの日本の女子が、理工系を選んでいないという状況は、日本経済にとって大きな機会損失 

国際レベルでもリケジョへの取り組みが重要と認識

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

2/11「科学における女性と女児の国際デー」(International Day of Women and Girls in Science) は、国連が女性と女児が科学技術の分野において果たす重要な役割を認識し評価する目的で制定されました。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は2023年の「科学における女性と女児の国際デー」の冒頭でも、「Women and girls bring diversity to research, expand the pool of science professionals, and provide fresh perspectives to science and technology, benefiting everyone.(=女性と女児は、研究に多様性をもたらし、科学分野の専門職の層を厚くし、科学やテクノロジーに新鮮な視点を提供し、あらゆる人に恩恵を与えます)」 と述べています。

国際的にみても理工系分野の女子・女性の割合が最下位レベルである日本での取り組みの一助に、AWESOMEが寄与できるように努めていきたいと思っております。